大人の妖怪ステッカーの話

CBCラジオの夏祭りの企画で、
北野誠さんの「北野誠のズバリ」という番組で、
紹介されていた妖怪を、シールにするお仕事をさせていただきました。

http://blog.hicbc.com/weblog/makozuba/2014/07/010070.php
CBCラジオの番組のBlog(o’v’o)です↑

北野さんのBlogより、引用して紹介させていただきます。


:ghost: 番組Blogの新明解ズバリ国語辞典より
yubiname-s

(妖怪)ゆびなめ【ゆびなめ】
大人の妖怪シリーズ。居酒屋でセクシーなボディコンに身を包んだバドガールが、フライドポテトを手に持って直接食べさせてくれるというオプションの最中に、バドガールの指を思わず舐めてしまったITジャーナリスト・井上トシユキ氏(50)のこと。妖艶な女性を目の前にして思わず本性を出すとありがたくない評判を立てられるという戒めでもある。

kamakake-s

(妖怪)かまかけ・ばばあ【鎌かけ婆】
大人の妖怪シリーズ。自宅で就寝中の既婚男性の枕元に現れては「ねえ。もう帰らなくていいの?」と囁く。その正体はダンナが浮気していないか鎌をかける奥さんであった。うっかり「あっもう午前2時か!帰らなきゃ」と反応してしまったが最後、「ど~こ~に?」という声とともに夜叉の形相をした奥さんが暗闇に浮かぶのであった・・・。

yudan-s

(妖怪)ゆだん・じじい【油断爺】
大人の妖怪シリーズ。妻と子どもが実家に帰っている隙に羽を伸ばしたいと思う男の願望につけ込む。妖怪の「誰もいないんじゃからリビングで思いっきり大音量でAV見てええんじゃよ。イヒヒヒヒ。」という声にほだされ、リラックスした姿で鑑賞すれば、ついついお酒を飲み過ぎていつの間にか爆睡・・・。朝、目が覚めると実家から帰ってきた妻と子ども達がリビングに・・・。家族の惨劇を尻目に去っていく妖怪はこう呟くのであった「ゆめゆめ家の中では油断する無かれ」。


という、妖怪たちのお話でした。
こわいですね、油断の無いように気をつけましょう。ありがとうございました(o’v’o)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)